Marodori

ギャラリー

Linda Hollierさんがメタバースで体験した日本

日本には、「おもてなし」という深い文化が根付いており、これは決して期待されたり期待することから始まるのではなく、心からゲストを大切にする日本独特のホスピタリティを指します。この驚くべきおもてなしの感覚は、どんな玄関からも始まると言われています。おもてなしを理解するには、実際に日本を訪れることが必要で、それを英語で定義することは難しいとされています。
イベント

福島会場、ズーム、そして仮想空間へ。メタバース講座を開催致しました。

1月28日に福島市クリエイティブビジネスサロン様にて、とても素敵な雰囲気の中、メタバース講座が開催されました。
ギャラリー

2024年度難聴万博のメタバース会場を制作担当します

人工聴覚情報学会様主催、みみトモ。ランド様協働による2024年度難聴万博のメタバース会場のワールド制作をGHC株式会社Visit Japanメタバース事業部が担当させていただくことになりました。
ギャラリー

メタバース空間にてギャラリー庵(いおり)が誕生

芸術の秋にふさわしい「Gallery 庵」がメタバースに誕生。 格調高い和風パネルが並びました。表札や構造フレームもVisit Japanオリジナルのもので、今後の空間演出にも活用されていく予定です。 第1弾として写真作品を中心に、VISITが<世界に届ける日本>をキュレーションいたしました。
古都プロジェクト

天空に輝くSky Temple煌(きらめき)。メタ古都で芸術の秋を満喫。

都プロジェクト第2弾、「Visit Gallery SKy Temple 煌(きらめき)」がメタバースSpatial上にグランドオープンしました。 建物はあの世界的に有名な京都の寺院がモデル。 しかしそこはいわゆる寺院ではなく、メタ古都という架空の世界の天空に浮かぶギャラリー。
ギャラリー

第4回メタバース写真展はNY自由の女神の元で

第1回のVisit東京から始まり、第2回パリ、第3回横浜、そして今回第4回ニューヨークと、VISITならではの観光をテーマとした独自のメタバース写真展をSpatialというプラットフォームで実現してきました。
古都プロジェクト

Visit Kyotoから派生した古都プロジェクトが発動。第1弾はメタバースの映画村、ロケ地を目指す

古都プロジェクト。 それは、Visit Kyotoから派生した、新しい機能性を持つ和風メタ空間。 古都プロジェクト第1弾「庵」(いおり)がグランドオープンしました。
写真展

第3回メタバース写真展、モノクロームアートの世界からメタバースツアーに繰り出す。

今回はこれまでと違う雰囲気を出すため、モノクロをテーマとし、大人でスタイリッシュな横浜みなとみらいの会場で、みなとみらいのランドマークタワーや大観覧車コスモクロックを観ながら写真を楽しむという形でプロデュースしました。
スカイラウンジ展示室

メタバースギャラリー「麻呂鳥スカイパレス」、節目としてMaro Dori NFTの展示。メタ空間を通じて世界に羽ばたきい。

「麻呂鳥スカイパレス」も頑張って、ここまで運用してきました。8月の特別展示スペース「スカラウンジ」では、ひとつの節目という意味も込めて、Maro Dori NFTプロジェクトの特別展示をする運びとなりました。
写真展

第3回メタバース写真展はスタイリッシュなモノクロ横浜みなとみらいで

メタバース写真展も早いものでもう第3回目を迎えることになりました。 会場は大人でスタイリッシュな港町横浜です。 今回はこれまでと違う雰囲気を出すため、モノクロをテーマとすることにしました。